アプリ、携帯機ゲーム紹介まとめ

呪われた廃屋で見たものとは?ホラーノベルアプリ「怨あそび」をレビュー!




怨あそび
怨あそび
開発元:HIROYUKI YAMAUCHI
無料
posted withアプリーチ

今回はホラーノベル「怨あそび」を紹介していきます。

惨殺事件の真実を暴く!ホラーノベル「迷ヒ家ノ鬼」をレビュー!

以前レビューした「迷ヒ家ノ鬼」というホラーノベルがそこまで怖くなかったので今回もイラスト付きだし余裕だなと思ってプレイしていたら後半に結構きました。

カイト
完全無料広告なしなのにクオリティは高かったな!
後半アレなシーンがあったけど…。
ミホ
あまり音量を上げすぎないようにプレイしてね!

怨あそびとは?

「怨あそび」は2017年5月24日にAdvancingによって制作されたホラーサウンドノベルアプリです。追いかけてくる少女の怨霊に、言ってはいけない禁断の言葉とは!?仲良し4人組は休日退屈しのぎの為、とある廃墟に訪れた。軽い散策の気持ちでいたが楽しいお遊びではなく悪夢だった…。

進め方

主人公の名前を変更できますがデフォルトの「しょう」で始めました。
しょう含む4人の友人たちが廃墟に訪れ、ホラーお決まりの何故かその廃墟から出られなくなるというストーリーです。

ミホ
最初の4人全員生きてるシーンが懐かしい…。

選択肢が複数ありますが、キャラクターの会話が少し変わるか、すぐにゲームオーバーとなる選択肢がほとんどです。
文章を進める以外にもゲーム中、特定箇所をタップする場面があります。

END数が3つです。
最初のENDを見ると終盤に残り2つの分岐が現れる仕様となっています。

カイト
正直どれもあまり救いはないよな…。主人公がかっこよく活躍するENDが一応TRUE ENDかな?

1度見た文章はスキップでき、選択肢で止まるので快適です。
私の端末が悪いせいかもしれませんがスキップ中にアプリが何度か止まってしまいました。

恐怖を煽る演出

こういうキャラクターのイラスト立ち絵があるホラーノベルってあまり怖く感じないんです。
ただ突然の叫び声SEやイラストや画面がぐにゃあとなる演出などホラーノベルに全く耐性がない人はビックリする要素が満載だと思いました。

少女の霊に捕まるシーンでいきなり怖い系、気持ち悪い系の画像が次々と出てきました。

ミホ
一瞬だけ出てくるからうまくスクショが撮れなかったけどこんな感じの画像が出てきたよ。
こっちみんな!
カイト
ストーリーに関係のある画像なのか、単に不気味さを出す為の演出なのか分からないね…。

まとめ

・完全無料で広告もないホラーノベルアプリ。
・スキップ機能中にたまに止まるバグ?がある。
・突然のSE、不気味な画像などを使っていてストーリーそのものよりこの演出が怖い。

少なくない頻度で驚かしてきます。
最後まで気を抜かないことが大切です。

全ENDをクリアするとタイトル画面におまけが追加され、作中のキャラクターのおまけストーリーを楽しむことができます。

ミホ
次の記事も見てってねー!
怨あそび
怨あそび
開発元:HIROYUKI YAMAUCHI
無料
posted withアプリーチ




コメントを残す