アプリ、携帯機ゲーム紹介まとめ

虫たちを操るパズルアプリ「ハムバグ」をレビュー!




ハムバグ
ハムバグ
開発元:Dunderbit
無料
posted withアプリーチ

今回は「ハムバグ」を紹介していきます。
様々な虫を操り、パズルを解くボードアプリです。

ミホ
虫!?って思うからしれないけど慣れたら可愛いよ!
カイト
一応ムカデゴキみたいなヤバめなヤツらは出ないから安心かな。

ハムバグとは?

「ハムバグ」は2018年12月8日にDunderbitによって制作されたパズルアプリです。美しいグラフィックのリアルな虫たちと移動させる場所へのスワイプだけのシンプルな操作で遊べます。クモ、バッタ、クワガタなど個性豊かな移動能力を持った虫と共にパズルを解いていきます。

進め方

上画面に表示されている○回移動可能と同じ回数で虫たちを星マークの地点へ移動させます。間違えても一手ごとに戻せるのは親切ですね。

虫ごとに特性があり蜘蛛は壁や他の虫に当たるまで止まれない。クワガタは他の虫を押しながら移動できるなど。彼らの特性を駆使してステージを攻略していきます。
虫は一体でもステージ外に落ちるとやり直しです。

カイト
他の虫でカバーしないとすぐに落ちる蜘蛛と飛んで2マス移動する🦋が曲者なんだよな。
ミホ
蜘蛛のカサカサ動く音がリアルで…1マス移動の分かりやすくて使いやすいカタツムリが癒し。

卵はバッタ、蜂、蝶などの飛んで移動する虫で踏むと割れて中から虫が出てきます。
この虫はランダムではなくステージごとに決められています。

カイト
ステージのギミックは最小限で虫の特性を活かす作りになってるのがいいよな。

ヒントを見ることでどの虫をどの方向に動かせばいいか教えてくれます。

ヒントは動画視聴か、ステージクリア後に入手するポイントでヒントが見れますが動画視聴は8時間ごとでポイントも8ステージクリア分消耗するので出来る限り頑張って解きましょう。

ミホ
1回のヒントで2〜3つ先の動きまでしか教えてくれないからケチ!

まとめ

・虫ごとに決められた移動範囲の中でクリアを目指すパズルアプリ。
・動きや音はリアルだがグロい虫は出てこない。
・ヒントが8時間ごとしか見れないのがネック。

レベル1では広告は殆ど表示されませんが、レベル2からは一手やり直す度にバンバン表示されます。オンラインアプリではないので多分機内モードで消えると思いますが…。
虫がリアルで人を選びそうですがしっかりとした難易度なのでパズル好きは楽しめると思います。

ミホ
次の記事も見てってねー!
ハムバグ
ハムバグ
開発元:Dunderbit
無料
posted withアプリーチ




コメントを残す