アプリ、携帯機ゲーム紹介まとめ

不思議な生物を操作する脱出ゲーム「Ubi’s Dimensions」をレビュー!




管理人のアップルです。

今回は『Ubi’s  Dimensions 』を紹介していきます。

パッチリしたお目目の黄色い不思議なキャラクターを操作する不思議な雰囲気の脱出アプリです。

ツカサ
猫耳みたいのがついてるけど何のモチーフなんだろ。

Ubi’s  Dimensionsとは?

「Ubi’s  Dimensions」2019年11月16日にTimi Koponenによって制作された、iOS、およびAndroid対応の不思議系脱出アプリです。

捻れた立体的で不思議な空間を白いダイヤを目指して2本足の奇妙な主人公を動かします。

BGMと効果音もこの不思議なアプリにあってます。

気軽にプレイ可能

操作方法は移動したい方向にタップするだけです。

広告は10ステージまで表示されませんので序盤はリラックスしてプレイできます。

11ステージ目からは1ステージをプレイするごとに広告が表示されます。

落ちる時の表情が可愛い。

それとゲームオーバーから

再試行までの処理がかなり早いです。

「1秒ぐらい」です。

これは死にゲー下手糞な私にはありがたかったです。

リコ
テンポよく進められます。

ステージ

ステージは全50種類で、

課金すると全ステージ最初からプレイできるみたいです。

30ぐらいまでプレイしてから紹介しようと思っていましたが見事に21で詰みました。

なので情報は少ないですが10と18も難しかったです。

もしかしたらステージの後半には新しいギミックなどがあったかもしれません…。

ツカサ
30ぐらいは余裕でいけると思ってたがまさかの展開になったぜ。

ギミック

序盤から出てきたポケモンの「かいりき」と同じギミックです。

押すことはできますが引くことはできないのでつまり画像の状態になったら詰んでます。

詰んだ場合は最初から…ではなく左下をタップで一手後に戻れるので解決しますね。本当に優しいアプリです。

こういった積まれている場合もあります。

因みにダルマ落としの手法で下の岩を抜くのは無理でした。

リコ
このステージでも20分は格闘してましたねぇ

気になった点

攻略サイトがなく、先程も言ったように私はステージ21で詰んでしまいました…。

正直気になったというより

私の勝手な意見ですが

広告を視聴してヒントを見るなんて機能があればよかったなと思いました。

まとめ

・10ステージまで一切広告が出ない、ゲームオーバー後の処理が早い、1タップで一手後に戻れたりと色々と優しいアプリです。

・その反面難易度は難しく、海外のゲームで現在は攻略サイトにも掲載されていないので余程の閃きがないと全面クリアはキツいでしょう。

今回のアプリ紹介で分かったことですが

すぐに攻略サイトに頼ってしまう自分に喝を入れられた感じがしました。

ツカサ
こういうシンプルなアプリほど難しかったりするんだよな。
リコ
ではまた次の記事でお会いしましょう!
Ubi's Dimensions
Ubi’s Dimensions
開発元:Uova Oy
無料
posted withアプリーチ




コメントを残す