アプリ、携帯機ゲーム紹介まとめ

鬼を従え鬼を切る…ハイスピード和風アクション!「百鬼魔道」をレビュー!




World of Demons - 百鬼魔道
World of Demons – 百鬼魔道
開発元:PLATINUMGAMES INC.
posted withアプリーチ

今回は『百鬼魔道』を紹介していきます。「Apple Arcade」というサブスクリプションサービスを登録するとDLできるアプリでかなりクオリティの高い妖怪和風アクションとなっています。

ワカナ
月額料金がかかるけど広告とか追加課金がないからアプリに集中して楽しめるやんね!
トオル
妖怪かぁ…雪女とか羽衣狐とか美女妖怪もいるといいなぁ…。
タクマ
ぬら孫ねぇ。んじゃ俺は狂骨みたいな幼い少女のような妖怪がいいな。
リオナ
ふん…何気持ち悪い妄想してんのよ。

百鬼魔道とは?

「百鬼魔道」PlatinumGames Inc.によって制作された妖怪討伐アクションアプリです。鬼の血を引くサムライ・鬼丸となって魑魅魍魎が跋扈する世界を次々に探索し戦い抜いていきます。総勢百種を超える妖怪たちは倒して味方に付け戦うことも可能です。能力やスキルを強化して自分好みの妖怪を編成しましょう。

ストーリー

むかしむかし、人は妖怪と共に暮らしていた。
人は不思議な力を持つ妖怪たちを敬い、また妖怪たちは人を慈しんだ。

リオナ
今のところいい関係ね。
トオル
お互い容姿が違うことは特に気にしなかったんだろうか。

あるとき地獄から酒呑童子という鬼が現れた。その鬼は町を焼き、女をさらい、暴虐の限りを尽くした。あまりの悪行を憂えた帝は、源頼光とその四天王に酒呑童子討伐を命じた。

ワカナ
酒呑童子最低やんねっ!
タクマ
関係ねぇけどしゅてんどうじって1発変換できたよ。

死闘の末、見事討ち取った酒呑童子の首は地下深くに封印された。
酒呑童子の首塚は護り手と呼ばれる霊能者たちによって隠され、世は平穏を取り戻したかに見えた。

…時は流れて百年、首塚の封印を受け継いできた護り手たちが次々と殺された。

リオナ
え、なんで?残党が残ってたということ?
トオル
そうだとしても百年の月日が経過してるのが不思議だよね。

彼らの死によって封印は解かれ、酒呑童子が人間界に甦った。妖怪たちは鬼の邪気に当てられ凶暴化し、またたく間に世界は地獄と化した。

タクマ
このアプリの世界観では妖怪たちは悪者ではなく今のところ全て酒呑童子が原因ってことだな。
ワカナ
護り手殺して封印解いたヤツ大戦犯やんね!

…それから十年、酒呑童子討伐を掲げて行脚する1人の侍が現れる。名は鬼丸。
この男こそ護り手を殺めた張本人であった。

リオナ
護り手を殺めて自ら封印を解いた酒呑童子を討伐して行くってどういうことよ。
タクマ
封印を解かないといけない理由があったのか…あるいは…。
ワカナ
まさか主人公が大戦犯だったなんて…。こっからどうストーリーが進んでいくんやろ。

ゲームの流れ

画面の左側をスワイプで移動、右側をスワイプで視点移動します。右下の剣と矢印マークをタップするとそれぞれ攻撃と回避アクションをします。最初のうちはぬるぬる動いて操作が難しく感じますが慣れてきます。

リオナ
初めて出会う妖怪とは戦闘前と戦闘後に会話があるんだけどボンバーマンみたいなゆるい会話もあって面白い。
トオル
妖怪がボケて鬼丸がツッコむ感じだね。酒呑童子に操られる前は人間と仲良かったみたいだし倒すと好意的な会話になるんだよね。

妖怪たちを倒して進んでいきますが彼らは炎を操ったり、分裂したりと体の特徴や能力を活かした攻撃方法を使います。また一度に複数の妖怪が出現することもありますが妖怪同士で同士討ちすることはなく主人公だけを狙ってくるので注意が必要です。

リオナ
筆で書いたような和風っぽいエフェクトがカッコいい…。
トオル
モンハンみたいにスタミナの概念はないから基本回避しながらの移動で敵との間合いを詰めたりするのがいいかもね。
タクマ
指定した妖怪に自動で視点を合わせてくれるターゲットカメラ機能もあるから1匹ずつ確実に倒していった方がいいな。

妖怪を倒すと武器、強化素材、おにぎりなどの回復アイテムをドロップすることがあります。妖怪アイコンをドロップした場合その妖怪をオトモとして同行させることができます。

ワカナ
初めて入手する妖怪はそのステージ限りじゃなくてずっとオトモとして同行してくれるんやね!レア妖怪ゲットしたいわぁ。

妖怪たちは1人1人異なるスキルを持っていて攻撃タイプがほとんどですが回復、状態異常など様々です。編成した2種類の妖怪は一度使うと再使用まで時間がかかりますがスキルを無限に使えます。それ以外は1回スキルを使うと消えてしまうので注意しましょう。

タクマ
特定の妖怪同士を編成したら強力なオトモ連携技ってのも使えるようになるな。ただ2つのスキルを一気に消費しちまうからあんまり使い勝手はよくなかったりする…。
リオナ
連携は妖怪アイコン同士をスライドして発動するから必須ではないの。自分に合ったスタイルで進んでね。

ステージには炎の海など障害物などの仕掛けがあり、それらは特定の妖怪のスキルを発動して解除していきます。

ステージの最奥へと進むとボス戦になります。
ボスは体力が多く攻撃力も高い強敵ですが今まで集まった妖怪たちを駆使してヒット&アウェイを意識して立ち回ると倒せます。ボスは倒すと必ずオトモになります。

ワカナ
この蛇の妖怪は氷属性を扱うんだけどオトモとして雇ってもそれは健在で凄い頼りになるんよね!
タクマ
トオルどうだ?中々いい女だと思うぜ。
トオル
いやいや普通に無理だよね!僕を何だと思ってるのさ!
ワカナ
コラーっトオル!女の人の容姿を悪く言ったらダメやんね!
リオナ
…可愛いのに。色白赤目黒髪ロングってリコみたいじゃん。あ、でもリコは可愛くないけど…。
ワカナ
それは色々とリコちゃんに失礼やんね…。

武器レベルを一定まで上げると奥義を習得します。奥義を習得した武器を装備している状態で討伐中に奥義ゲージを溜めることによって発動します。

ワカナ
武器強化も大事だけど妖怪強化も忘れんでね!威力はもちろん再使用までの時間が短縮されるのがいいんよね。

まとめ

・美しいエフェクトで描かれる妖怪討伐和風アクション。
・諸悪の根源を解放したのは主人公。先が気になるストーリー。
・百種類もの妖怪が登場して倒して仲間にすることもできる。
・武器や妖怪の組み合わせによって色んな戦い方ができる。

もう少し進めていくと鬼丸以外の使用キャラも出てくるのでバトルの幅が広がります。途中から難易度がグッと上がりますが…。

タクマ
回復アイテムを持参できないからいかにダメージを受けないで進めるかが重要になってくるよ。

キャラ課金などはなく一度クリアしたステージもクエストとして再度挑戦できるので自分のペースで進めていけるのでかなり楽しいアプリだと思います。

トオル
普通に人間キャラも出てくるんだね!リオナさんさっきの蛇女よりこっちの方が可愛くないかい?
リオナ
うーん…性格悪そうで嫌い!
タクマ
そっか。まったくリオナは可愛いな。
リオナ
別に…。
トオル
え、待って!何その反応。リオナさんって…。
ワカナ
はいはーい!終わりやんねっ!
つ、次の記事も見てーな!
World of Demons - 百鬼魔道
World of Demons – 百鬼魔道
開発元:PLATINUMGAMES INC.
posted withアプリーチ




コメントを残す